行って、告げなさい・・・

表紙(日)Ite_Nuntiate_2017_JP

小さき兄弟会における生活とミッションの
新しいあり方のガイドライン
ローマ
2014年復活祭
2017年1月改訂版

PDFファイル(A5)

前 置 き

最も親愛なる兄弟たち、
主が皆さんに平和を与えてくださいますように!
「行って、告げなさい…」(Ite, nuntiate…):復活した主イエスが、マグダラのマリアともう一人のマリアに向けて語られたと聖マタイが福音書で伝えるこのことばは(マタイ28・10)、今日もなお、空になった墓から響き続け、兄弟 であり より小さい者 であるわたしたちに、福音的召命の賜物に新たな確信を持って応えるよう、力強く呼びかけています。「行って、告げるように」との招きは、わたしたちの中に活力と力、責務と創造性を引き起こしながら、わたしたちの生活に、彼と共なる復活を授けます。

この喜びと聖なる新しさの精神をもって、皆さんにこの小冊子をお届けします。これは福音宣教総本部事務局が皆さんすべてにお渡ししたい 生活とミッションの新しいあり方 についてのガイドラインです。この 新しいあり方 は、わたしたちの召命を主からの賜物として受けとめるものであり、本会が今日の世界にその存在を再活性化する責務を実践において表現するものです。

この小冊子の意図は、この 新しいあり方 を、すべての兄弟により多くまたより良く伝え、知ってもらうためです。しかし、とりわけ、委ねられた兄弟のひらめきを識別し、励まし、新しい兄弟共同体の建設に寄り添って、彼らを後援する管区長や分管区長に向けられています。このガイドラインは、皆さん、特に、生活とミッションの新しいあり方 を生きるよう霊感を受けた親愛なる兄弟たちに、支えと共感と、皆さんの心のうちに燃えているものを具体化する上で指針となる基準を提供するためのものです。

福音宣教総本部事務局とこの小冊子を準備した委員会のメンバー:兄弟マッシモ・テドルディ、兄弟アルトゥーロ・リオス・ララ、兄弟アドリアーノ・ブサット、兄弟マリオ・ヴァッカーリ、兄弟ヤコポ・ポッツェルレ、兄弟ジャック・ジョエー、そして草稿準備や制作に携わったすべての方々に心からの感謝を表したいと思います。また、翻訳者たちのおかげで、この小冊子が本会の三つの公式言語だけでなく、フランス語、ポルトガル語、ドイツ語、ポーランド語、クロアチア語でも出版されることに感謝します。

本会内部において、様々な 生活とミッションの新しいあり方 が、かなりの準備と経験の歩みを進めたことは、明白で揺るがない事実です。会憲(第115 条2 項)によって切望された、わたしたちのアイデンティティーとカリスマの新しさに「肉付けを行う」ことは、2009年の総集会によって確信を持って約束されてきました(主のみ言葉を全世界に宣べ伝える、指令 n. 20)。

このガイドラインを皆さんにお渡しするにあたり、わたしは皆さんのすべて、親愛なる小さき兄弟たちに、教皇フランシスコを情熱と熱意をもって見つめるよう求めます。なぜなら、真の 新しい福音宣教者 である教皇に導かれて、わたしたちは、より貧しい者たちと「社会の周辺部」に生きる人々に奉仕するための、教会と世界におけるわたしたちの生活とミッションにとっての常に刷新された福音的様式に出会うことができるからです。

「今おられ、かつておられ、やがて来られる方、万物の支配者」(黙示1・8)の後に従うこの歩みにおいて、イエス・キリストの貧しい御母と熾天使的師父聖フランシスコが、わたしたちに同伴し、支え、わたしたちのために執り成してくださいますように。

ローマ、2014年4月20日

復活の過越祭
兄弟愛のうちに
兄弟 マイケル・アントニー・ペリー
総 長
Prot. 104706

全国侍者集会最終日

全国侍者集会も25日最終日を迎えました。今日は朝から動作の確認や最後の練習を行い、菊地功東京大司教司式のミサで典礼奉仕を行ないます。

ミサが始まり、みな自分の役割をきちんと果たしました。ミサの終わりに認定書の授与が行われ、初級、中級、上級などの認定書を受け、ミサ終了後の記念撮影後に散会しました。https://www.facebook.com/ofm.japan.province/?ref=bookmarks

全国侍者集会2日目

3月23日から行われている全国侍者集会は、2日目の今日は朝7時からの祈りに続き朝食を挟んで、講義Ⅰ・Ⅱ、実践、テストのほか実際にミサの中で自分の担当の部分で実際に典礼奉仕を行ない、明日の枝の主日のミサの練習を行い寝る前の祈りまでの長い一日のプログラムを消化しました。明日最終日は、東京大司教区教区長・菊池大司教司式のミサの典礼奉仕を行ないます。http:///www.facebook.com/ofm.japan.province/?hc_ref=ARRYVENqWfyR5jsGCb28N3NbQsuYz3TV2-zPJ3EdwNmgcD9DzLVtDpsuW2P55x7d3i4

 

全国侍者集会

◎全国侍者集会開催中
3月23日~25日まで東京・田園調布の聖フランシスコ修道院において全国侍者集会が行われています。
侍者のために必要な動きや典礼の知識などを学んでいます。
初日は、動き方、息を合わせるなどのプログラムの後、侍者服の祝福と明日からの研修と典礼奉仕の為に祈りを行ないました。https://www.facebook.com/ofm.japan.province/

初誓願式

3月17日土曜日、さいたま修道院(修練院)において兄弟ルカ小見戸雄太の初誓願式が、管区長・兄弟村上芳隆の司式で行われました。

初誓願式は2年ぶり。兄弟小見戸は4月から日本カトリック神学院に通学を始めます。

誓願更新

3月6日六本木・聖ヨゼフ修道院の夕の祈りの中で、兄弟豊田知彦の誓願更新式が行われました。この日は管区評議会で全国の評議員、院長の兄弟も来ていたので、更新の後に兄弟からの祝福を受けました。

 

誓願金祝

2月5日日本26聖人殉教者の祝日に、六本木・聖ヨゼフ修道院で5人の兄弟の誓願金祝(50周年)の記念ミサと祝賀会が行われました。当日は大勢の兄弟や信徒や金祝の兄弟の親族も来られとても盛況でした。

香部屋で

誓願更新の部

 

 

 

2017年JPIC委員会報告

2017は、長崎で行われた日韓JPIC会議、被災地支援の継続、共同体へのJPICについての講習などを行いました。

5月に行われた日韓JPIC会議では、日本と韓国の活動報告や次回の会議の開催と時期について話し合いました。2017年は韓国で開催することと、今後も会議を継続することで合意しています。

さて、2014年の総会後、各共同体におけるJPICの取り組みについて2019年の次期管区会議の際に総視察者が確認や指導を行うことになるため、巡回説明する準備をしていますが、今年は富山修道院でJPICの説明と実践可能なモデルについて話をしました。

また、今年はFCAOのJPIC会議で日本のJPICについて活動報告をし、他の管区との協力可能なことについても分科会で話し合いを行い、外国人労働者の問題では管区を超えて協力できる可能性について話し合いました。来年の長崎のEACの会議でもこのことは引き続き審議されるでしょう。

2017年海外宣教委員会

海外宣教委員会は、今年パキスタン、フィリピン、韓国を訪問し、その様子をニュースレターでお知らせするほか、2月に行われるミッションデーで宣教地の紹介とご支援の依頼、現地報告会などを行ったほか、支援バザーとコラボレーションして配布物を観てもらうなど新しい企画に関わることで、委員会の活動の可能性を模索しました。

継続している活動では、フィリピンのフランシスカン・デフセンター、パキスタンのハンデキャプセンター「ラハト・ガ」支援を今年も行いました。支援活動も現地から宣教している兄弟が一時帰国した際に報告会でお話をしてもらうなど、現地の様子や宣教の苦労をより知ってもらう機会にしています。また、2017年度から海外宣教委員会は専従で働くスタッフを事務所に置かない形で、定期的に事務所に集まり、宣教地の訪問計画、ニュースレターの編集会議、現地報告や支援の計画などを行うことになり活動を続けています。理由は、小教区との兼任のスタッフが増えたためです。しかし、問い合わせなどについては巻末の連絡先にファクスなどがあれば対応は可能で、大きな支障は出ておりません。各委員が地方の小教区に派遣されている点で、プラスに働いているのは、従来は首都圏での報告会が多かったのですが、今年は旭川や富山などでも報告会が行われるなど開催に幅ができた点です。

2018年は、従来の活動に加え、今年訪問できなかった宣教地の様子や宣教師の近況を届けるとともに、他の企画の可能性を探る年にしたいと考えています。

海外宣教委員会一同